2011 SAT-Fakkunsido

2011.10.12 13:41

2011 SAT-Fakkunsido en Komuna Kongreso de Esperato Inter Japanio-Koreio

 

[Esperanto]

Kio estas SAT? http://www.satesperanto.org

SAT(Sennacieca Asocio Tutmonda) estas la organizaĵo de laboristaj esperantistoj. Ĝi estas asocio, kiu celas faciligi la translingvajn kaj transnaciajn rilatojn inter tiuj homoj, kiuj luktas por mondo sen klasa nek alitipa ekspluatado.

SAT grupigas homojn ĝenerale kun maldekstraj opinioj, el ĉiuj ideologiaj tendencoj, kiuj trovas en komuna agado sian unuon. Krome, SAT estas, laŭ sia nomo, sennacieca, tio estas, tute ne gravas la nacio nek ŝtato al kiu ĝiaj anoj apartenas, kaj la asocio ne havas naciajn filiojn. Ĝi tamen kunlaboras je nacia nivelo kun la t.n. Laboristaj Esperanto-Asocioj (LEAoj), kiuj informas pri Esperanto kaj zorgas pri ĝia instruado sur diversaj lingvoteritorioj.

Unuvorte, SAT celas per konstanta uzado de Esperanto kaj ĝia mondskala aplikado, helpadi al la kreado de racie pensantaj spiritoj, kapablaj bone kompari, ĝuste kompreni kaj prijuĝi ideojn, tezojn, tendencojn kaj sekve kapablaj elekti memstare la vojon, kiun ili opinias plej rekta, aŭ plej irebla por la liberigo de sia klaso kaj forkonduko de la homaro al kiel eble plej alta ŝtupo de civilizo kaj kulturo.

SAT havas 2 revuojn: 'Sennaciulo' monata gazeto kaj 'Sennacieca Revuo' jara gazeto. En ĝi, vi povas legi interesajn raportojn, artikolojn, eseojn, ktp.

kontakteblaj adresoj: satesperanto@free.fr (SAT oficejo),

tnhryk@pop07.odn.ne.jp (japana peranto de SAT),

paze23@gmail.com (korea peranto de SAT) 

prezento pri SAT-movado en Koreio

- SAT-membroj en Koreio kunlaboras kun Paca Solidareco de Esperanto(PSE)

- Ekde 2005, koreaj SAT-membroj(ĉ. 10) havas kunsidon ĉiu 2 monate.

- Ekde 2006, koreaj SAT-membroj havas neregule kursojn por Esperanto.

- 2007 Decembre Koreaj SAT-membroj organizis Vintran Tendumon(en ĝi ĉ. 40 personoj partoprenis inkluzive japanaj, ganaa amikoj) kun aliaj Esperanto-grupoj en Insulo Ganghwa.

- 2008 Marte kaj Julie Koreaj SAT-membroj partoprenis en aktivado kontraŭ G8 Pinta Konferenco en Hokkajdo, Japanio(kunlaborante kun Libera Esperanto Asocio en Hokkajdo)

- 2009 Decembre Koreaj SAT-membroj organizis Vintran Kunloĝadon(ĉ. 30 personoj partoprenis) por vigligi Esperanto-movadon en Malplena Domo Namsan en Seulo.

- 2010 Marte Koreaj SAT-membroj organizis Aktivistan Kunsidon(ĉ. 40 personoj partoprenis) de Esperanto kontraŭ G20 Pinta Konferenco kun aliaj aktivistoj en Popola Domo.

 

[Japana Lingvo]

SATとは?

SAT()とは Sennacieca Asocio Tutmonda (民性なき全世界協)の略です。

労働的市民のための自的な連携と直接的な交流を

SATの目的は世界の進的な人たちを支援することです。お互いに理解し合い、勉し、人生をよりよいものにし、抑等にしてうために助け合うものです。

SATでは、目的を達成するために、エスぺラント語という合理的に考案された言語を使用します。エスペラント語については 「エスペラントとは?」 のペジから詳しい情報をみてください。活動容:

SATは世界のいろいろな場所で大を開いています。

世界の運動情報や意見交換の場として、SAT機 Sennaciulo (センナツィウ) をほぼ月刊で、Sennacieca Revuo (センナツィエツァレブ) を年刊で行しています。

員住所行し、定期的に更新しています。これはお互いが直接連絡を取り合うのに役立ちます。

またSATでは目的にあった本 (必要にじて書など)や冊子を出版しています。

組織:

SATの組織は民主的な構造になっています。家的な境界には基づいていません。SATは全世界的組織です。SATは家の間にあるのではなく、員の間にあります。Sennacieca (民性なき) といっていますが、これは各員が、ある民族や家を代表したり、その名のもとに集合しているというのではない、という意味です。つまり、民族なり家なり、存の人間の集を超えて、エスペラントを通じて、人間一人一人が結びついていこうという、という個人のあつまりがSATなのです。

SAT自体は、民族をなくそうとはしていません。無民族主義とは違います。員の中には無民族主義を支持する人もいますが、これ自体がSATの目的というのではありません。

SATには、自の傾向や心事を持つグルプがあります。それが frakcio(フラクツィオ:分)です。各地元体との協:言語または地域別にある、複 Laborista Esperanto-Asocio (ラボリスタエスペラントアソツィオ:労働者エスペラント協)は、SATに結び付いてSATを報し、地元の活動との協を助けます。連携:SATはエスペラントを使用する地方の進的組織やほかのエスペラントの組織と協力しています。入するには:エスペラントの習得が必要です。もちろん習の途上という方も迎しています。SATは、員の間で共通の作業語として、エスペラントを使用していることによって全世界的であることが可能なのです。詳細については日本語による取次人までお問い合わせ下さい。

 

[Korea Lingvo]

SAT 무엇인가?

SAT(전세계무민족성협회) 노동자 에스페란티스토들의 가장 중요한 세계 조직이다. 조직은 계급 착취 다른 형태의 착취가 없는 세상을 위해 싸우는 사람들이 나라와 언어를 뛰어 넘어 쉽게 관계를 맺을 있도록 하는 것을 목표로 하고 있다. SAT 함께하는 행동에서 자신들의 통일성을 발견하는 모든 이데올로기적 경향 중에서 좌파적 견해를 가진 사람들을 조직한다. 외에도 SAT 무민족적이라는 자신의 이름처럼 회원들이 속한 민족이나 국가를 중시하지 않으며, 협회 자체의 국가지부도 갖고 있지 않다. 그러나 SAT 에스페란토를 홍보하거나, 다양한 언어가 사용되는 지역에서 에스페란토 교육에 관심을 기울이고 있는 노동자 에스페란토협회(Laboristaj Esperanto-Asocioj-LEAoj) 등과 국가적 수준의 협력을 하고 있다.

한마디로 말해, SAT 지속적인 에스페란토의 사용과 세계적인 사용을 통해 이성적으로 사고할 있는 정신과 비교할 있는 능력을 창조하는 것을 돕고, 개념, 주제, 경향 등을 정확하게 이해하고 판단할 있게 하여 노동자 계급의 해방과 인류를 문명과 문화의 가장 높은 단계로 인도하기 위해 가장 직접적이거나 또는 실현 가능한 방법을 스스로 선택할 있도록 돕는 역할을 하고 있다.

SAT 무민족적 구조의 세계협회이다. 이것은 사람들이 국가 협회 같은 다른 조직을 통하지 않고 개인적으로 직접 가입할 있음을 의미한다. SAT에서는 회원들의 민족에 대한 어떠한 관심도 기울이지 않는다. SAT 구체적으로 다음과 같은 방법으로 자신의 목적을 실현한다. 잡지나 연차 대회에서의 토론, 인터넷을 통한 명부 발송 등등의 방법을 통해 회원들 간의 직접적인 의견 교환을 쉽게 한다. 잡지의 기사들, , 소책자 그리고 광범위한 인터넷 등의 형태로 교육 자료들을 배치한다.

SAT에는 가지 잡지가 있다. 월간지 Sennaciulo(무민족자) 연간지 Sennacieca Revuo(무민족평론)이다. 잡지들에는 흥미로운 기사, 보고서, 에세이 등이 수록되어 있다.

SAT 연락처: satesperanto@free.fr (SAT 사무실),

tnhryk@pop07.odn.ne.jp (SAT 일본 연락 담당자),

paze23@gmail.com (SAT 한국 연락 담당자

한국의 SAT 운동 소개

- 한국의 SAT 회원들은 에스페란토 평화연대와 협력하고 있다.

- 2005년부터 한국의 SAT 회원( 10)들은 2개월마다 정기적인 모임을 개최하고 있다.

- 2006년부터 한국의 SAT 회원들은 비정기적인 에스페란토 강습회를 개최하고 있다.

- 2007 12 한국의 SAT 회원들은 다른 에스페란토 단체들과 함께 강화도에서 겨울 캠프(일본과 가나의 친구들을 포함 40 참가) 개최하였다.

- 2008 3월과 7 한국의 SAT 회원들은 홋카이도 자유 에스페란토 협회와 협력하면서 일본 홋카이도에서 열린 G8 정상회담 반대 활동에 참가하였다.

- 2009 12 한국의 SAT 회원들은 서울 남산 빈집에서 에스페란토 운동 활성화를 위한 겨울 합숙( 30 참가) 진행하였다.

- 2010 3 한국의 SAT 회원들은 다른 활동가들과 함께 민중의 집에서 G20 정상회담 반대를 위한 활동가 모임( 40 참가) 개최하였다.

 


신고
Instalita de Paz

BLOG main image
Blogo de Paz

공지사항

Kategorio

Vidu Ĉiun Kategorion (89)
Spektaklo (1)
Filmo (7)
Kurso (6)
Libro (11)
Taglibro (10)
Socia Movado (21)
Vidpunkto (3)
Muziko (1)
Manifestacio (2)
Kunsido (8)
Intervjuo (2)
Artikolo (8)
Literaturo (2)
Belarto (1)
Socia Problemo (2)
Vojaĝo (4)
Totalo : 122,866
Hodiaŭ : 51 Hieraŭ : 29